顔合わせ

顔合わせの段取りとは!進行の流れや挨拶はどうするべき?

両家へ挨拶も無事済んでほっとしましたね。

次は、両家が一堂に会する「顔合わせ」
をセッティングすることになります。

本来、二人の婚約にあたり結納をするのが
正式ではありますが、最近では結納品の
取り交わしは行わず、両家の顔合わせのみ
行うことが多くなりました。

顔合わせという呼ばれ方から
何となくイメージは沸くものの
その段取りや当日の進行など具体的なことは
なかなか知る機会がないですよね。

でも実は、顔合わせの成功は
今後の両家の関係を決めるとても大切なもの。

そこで、両家の「顔合わせ」について
その段取りや、当日の服装や進行の流れなど
詳しく解説をいたします。

どうぞご参考に♪


Sponsored Links




顔合わせの段取りとは!当日までの3つの STEP

両家で顔合わせを行う際、
どのように段取りすれば良いでしょうか?

①いつ…日程の設定の仕方
②どこで…顔合わせの場所の決め方
③どのように…費用の分担の方法

顔合わせ当日までの3つのSTEP
ご紹介します。

STEP1.結婚式の3~6か月前くらいの吉日に設定する

両家それぞれへの挨拶が終わったら早速
顔合わせの予定を立ててOKです。

顔合わせの日にちは挙式の3~6か月前を
目安にすると良いでしょう。

結婚式や新居など今後のことを
顔合わせ後に進めたいと考えるのであれば
6か月前ごろがおすすめです。

顔合わせは、結納と同じように
両家の正式な婚約という意味合いも
ありますので、挙式間際にならないように
早めに予定を組んでおきましょう。

お日柄の良い日を選んで設定することも
多く、その場合は大安→先勝→友引の順
顔合わせに適した日柄として好まれます。

最近では、お日柄をそれほど気にせずに
両家が集まりやすい日を優先して
週末や連休などに行う両家も多くなって
きているそうです。

<日にちを設定するポイント>
・挙式日の3~6か月前
・両家が集まりやすい日
・お日柄が良い日

STEP2.料亭・レストランの個室など場所を決める

日程が決まったら
次に顔合わせを行う場所を決めましょう。

顔合わせを兼ねた食事会ですので
両家の親睦を深められることが大切です。

他のお客を気にせず
ゆっくりと落ち着いて過ごせる個室付きの
レストランや料亭などがおすすめです。

ホテル内のレストランや料亭は
場所もわかりやすく待ち合わせがしやすい
こともあり便利ですね。

車で来ることが想定される場合
駐車場も合わせて確認しましょう。

また、美味しい料理を食べれば
緊張する場も自然と和みます。

料理の評判もチェックしておきましょう。

<顔合わせを行う場所について選ぶポイント>
・静かな個室がある・料理がおいしい
・サービスが行き届いている
・両家がアクセスしやすい

STEP3.費用分担を決める

最後に、費用の分担を決めます。

片方が遠方から出席する場合
宿泊代や新幹線や飛行機代などの交通費が
発生することもあります。

両家の費用負担が平等になるよう配慮
した方が良いでしょう。

両家ともに遠方から出席する場合
食事会の費用は新郎新婦が負担するのも
良いでしょう。

宿泊費や交通費を自己負担してもらう代わりに
食事会の費用は、相手側が負担するか新郎新婦
が支払うようにすることが多いようです。

<食事会の費用分担方法の例>
・新郎新婦が全額払う
・両家で精算時に折半する


Sponsored Links




顔合わせの服装は普段着でもいいの?どんな服装がおすすめなの?

顔合わせの当日はどういう服装で
行くのが良いのでしょうか?

顔合わせ自体には正式な服装の決まりはない
のですが、改まった場ですので基本的には
全員セミフォーマルが望ましいでしょう。

もちろん、決まりがないため
両家揃ってであれば「平服」でもOKです。

ちなみに「平服」は普段着の意味ではなく
正装、準礼装以外のスーツやワンピースなど
を指します。

両家の服装の格を合わせられるように
事前にすり合わせを行っておくことが
とても大切です。

本人と親それぞれにおすすめな服装
解説しますので参考にしてくださいね。

顔合わせの服装!本人ならどんな服装がベストなの?

本人たちはどんな服装がよいのでしょうか?

正式な結納などの場合は、例えば女性は
未婚女性の「正礼装」である振袖を着るなど
格式高い服装が良いとされます。

顔合わせはの場合正礼装の必要はなく、
セミフォーマル~平服で選べばよいでしょう。

男性 略礼服
スーツ
女性 訪問着
スーツ
ワンピース

露出は避けて、きちんとした
清潔感のある服装を心がけましょう。

会食場所が和室の場合は靴を脱ぎますので
男性は靴下に穴が開いていることが無いよう
気を付けましょう。

顔合わせの服装!親ならどんな服装がベストなの?

両家の親の服装は
アンバランスにならないよう
本人たちの服装に準じて選んでもらえば
良いでしょう。

顔合わせの食事会の服装としては
両家の服装の格を合わせることが大切です。

お互いに直接連絡を取り合ってもらうか
二人が調整役になってすり合わせをしましょう。

<両家の親の服装例>

父親 略礼服
スーツ
母親 訪問着 無地の着物
スーツ
ワンピース

母親の服装は、華やかな雰囲気となるよう
明るめの色合いのものを選ぶと良いです。


Sponsored Links




顔合わせの費用とは!結納なしの相場はどれくらい?

気になる顔合わせの食事会の費用について
相場を見てみましょう。

顔合わせ実施者に食事を含めた両家の
顔合わせの費用を尋ねた結果は…

5~10万円未満 46%
5万円未満 27%
10~15万円未満 19%

参考 ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ

平均費用は7.1万円という結果。
5~10万円の人が46%と最も多いようです。

両家と本人合わせて合計6名であれば
1人当たり8000円程度~15000円程度
が予算といえそうですね。

参考までに、同調査によると
結納を行う場合の
食事会を含めた平均費用は27.5万円

結納に関する費用が必要ない分
金額の負担も少なくて済みますね。

顔合わせの段取りはOK!進行の流れとは?

段取りができたらあとは当日を迎えるのみです。

ところで、当日の顔合わせは
どのような進行内容にすれば良いのでしょうか?

進行役は基本的に男性側の父親が務めますが
和やかな雰囲気を出すなら
男性本人が行うのも良いでしょう。

顔合わせ食事会の進行例
①両家着席
上座は父親、本人たちは下座へ
②初めの挨拶(男性側の父親)
③家族紹介
父親か本人が代表して紹介
または自己紹介
④婚約記念品の交換※しない場合は⑤へ
⑤記念撮影
⑥乾杯
男性本人またはどちらかの父親
⑦食事歓談
⑧結びの挨拶
男性本人か二人で行う

食事中は、本人たちはお酒は控えめにし
和やかに親睦が深められるよう
積極的に話題を提供しましょう。

結婚式や新居、入籍のことなども
両家の意向を確認するいい機会ですね。

まだ正式な結婚前ですので、
結婚相手のことは普段は呼び捨てでも
顔合わせの場では「~さん」
呼ぶように気を付けましょう。

結納とは異なり儀式的な要素がないので
比較的和やかに進めやすいでしょう。

しかし、両家が初対面の場合は
最初はお互いに緊張するものです。

お互いの親を気遣い、和やかな雰囲気
となるよう心がけましょう。

顔合わせではなく結納を行う場合は
準備の段取りや当日の進行なども
顔合わせのみの場合とは異なります。

こちらの記事で結納の場合の段取りや
当日の進行などについて詳しく解説して
いますので参考にしてくださいね。

⇒結納の流れとは!ホテルの場所や時期の決め方とは?

当日の結納式の進行や口上なども詳しく
紹介していますよ。


Sponsored Links




顔合わせの挨拶!どんなセリフを言えばいいの?

顔合わせの際の挨拶。
お話が得意な人は良いけれど
少し緊張感のある顔合わせの場で
何を言えばよいのか悩みますよね。

顔合わせの挨拶には、結納と違って
決まった口上があるわけではありません。

あまり固く考えず、和やかな雰囲気で
行いたいものです。

歓談の時間にゆっくりと話ができますので
挨拶は短めで大丈夫です。

【最初の挨拶例】
「本日は私たちふたりのの婚約にあたりお集まりいただきましてありがとうございます。本日はどうぞよろしくお願いします。」

男性側の父親が挨拶をする場合は、
私たち二人の→息子〇〇と〇〇さん
と変えればOKです。

最初の挨拶は、顔合わせのために
集まってくれたことへの感謝の気持ち
伝わえられれば充分です。

あまり長くなりすぎないようにしましょう。

【結びの挨拶の例】
「本日はお忙しいところ、お集まりいただき、ありがとうございました。結婚式などの準備で、今後いろいろとお世話になりますが、その際はまたどうぞよろしくお願いします」

顔合わせの段取り!席順にはルールがあるの?

顔合わせの際の席順には
ルールがあるのでしょうか?

決められたルールはありませんが
座る位置には順序がありますので
それぞれの年齢や立場を考慮して席順を
決めるようにしましょう。

両家の顔合わせ、ということは誰が
上座に座るべきかというと…

やはり男性側の父親が上座に座るのが
最も無難です。

ただし、女性側の父親の方が明らかに
年上である場合には、年長者を立てる意味で
男性の両親から上座に座るように促して
もらうのも良いでしょう。

座敷やテーブル席のマナーとして
上座→下座の順があるのはご存知ですよね。

両家の顔合わせ食事会の席順は以下のように
決めていくと良いでしょう。

<顔合わせの席順>
①上座の入口から遠い側へ男性側の父親
②対面の上座へ女性側の父親
③下座の入り口から遠い側へ男性本人
④下座の入り口に最も近くに女性本人
父親と本人の間にそれぞれの母親

テーブルの形が変わっても
これを基準に
席を考えると良いですよ。

本人たちは両家の顔合わせにおいては
もてなし役として、お店側とのやりとりや
話題の提供など和やかに食事会が進められる
ように気遣いましょう!

まとめ

準備の段取りや当日の進行など
結婚前の両家の顔合わせについて
お伝えいたしましたが、いかがでしたか?

結婚の挨拶がようやく終わって
ほっと一息つきたいところですが
結婚式や入籍など具体的な結婚への準備開始に
両家の顔合わせは不可欠です。

早めに顔合わせの日取りを検討して
準備を進めておいてくださいね。

顔合わせの際には二人の入籍についても
少し話題に出してみましょう。

入籍と結婚式や新居への引越しとの順番には
ご両家の意向も伺っておきましょう。

入籍のタイミングや日取りの決め方には
いくつかのパターンがあります。

詳しくは下記の記事でご紹介しています
のでぜひご参考になさってくださいね。

⇒入籍のタイミングはいつ?日取りの決め方パターンを紹介

また、結婚式をどこの式場であげるか
二人だけでなく、両家の親にとっても
とても大事なことです。

結婚式場を探す際は各式場が開催している
ブライダルフェアに参加すると
時間をかけてじっくりと会場見学もでき
とても参考になります。

ブライダルフェアでどんなことをするのか
その内容や参加のメリットなど
詳しい情報が下記の記事に掲載されて
いますのでぜひご覧くださいね。

⇒ブライダルフェアとは

多くのフェアでは両家の親も一緒に参加
することができますので、一度お誘いして
みるのも良いかもしれませんね。

顔合わせを無事済ますことができたら
いよいよ具体的な結婚準備開始です。

二人でよく話し合いながら
良いスタートとなるよう頑張って下さいね!


Sponsored Links





式場探しに疲れた人必見!


憧れの結婚式をするために、式場探しに意気込んだまではよかったけど、

・仕事が忙しく式場を探す『余裕』がない
・気に入った式場が見つからない
・見積もりが高く貯金が足らない

などの悩みはありませんか?
そんなあなたには完全無料の割引サービス
Hanayume(ハナユメ)がオススメ
です。

ハナユメが人気の理由は、

・式場別の見積額がチェックできる
⇒『値引き交渉が必要ない』
・定額ウエディングはどの式場でも同じ金額
⇒さらに料金後払いOK
・相談デスクの接客が神
⇒デスク利用客の満足度97%!

などなど。他にも、
『ハナユメ割で結婚式の費用50%オフ』や
『平日や仏滅で大きな割引サービス』があるので、
予算(貯金)が少なくても希望の式場を選べます♪

※今なら当サイト限定で商品券40,000円が
貰えるキャンペーン実施中♪


【当サイト限定企画!】
商品券40,000円キャンペーン♪
《豪華特典アリ♪期間限定》

↑↑商品券40,000円プレゼント↑↑